■HOME ■MAIN ■GALLERY ■AMUSEMENT ■LIBRARY ■COUNTGET ■LINK ■BBS&MAIL ■TOP


■キース・エヴァンス■


  名前:
  能力:
  年齢:
  性別:
  生年月日:
  血液型:
  身長:
  体重:
  職業:
  出身:
  趣味:
  性格:



  CV:




キース・エヴァンス(Keith-Evans)

17歳

1993年2月14日
A型
182.4cm
66.2kg
ノアの総帥
U.K.
読書
クールで二枚目。
正義感が強く、意外と義理堅い。 


津久井 教生


【2010年公式設定より】


■当サイトオリジナルプロフィール■

基本的に私Kはキース担当です。

性格は冷静で穏やか。常に落ち着いて状況を見極める力を持っているが、内に秘めた思いは実は非常に熱い男。
一度「これ」と決めたことは最後まで貫く頑固さも持っています。
ある程度のことなら我慢して飲み込むのですが、きっかけがあると過去に飲み込んだものも含め、一気に爆発する典型的なA型気質。

バックにいる私もA型だから、おそらく「A型らしさ」はほっといてもよくでると思います。

甘い声が災いしてか、他メディアでは結構やさしく
時には「こいつ女か?」と思わせるような雰囲気(あくまで、私個人の意見)のときもあるのですが
当サイトではそんな気配は微塵もない、がっちがちの男です!(^-^;)

バーンにはドラマCDやアニメーションなどで”アメリカ・コロラド出身”という設定がありましたが
キースには公式設定に”イギリス出身”としかなく、設定するにあたってイギリスをいろいろ調べることになりました。
悩んだ結果、当サイトの設定ではイギリスのマンチェスター出身ということになっています。
フットボールの好きなバーンと、”サッカーが有名なマンチェスター”という
フットボール関係で結びつけるのがおもしろいと考えたせいです。
描き始めた今では、その設定も私の中ではそれなりにしっくりくるようになりました。

いろいろなメディアで、彼は幼少のころからサイキッカーとして目覚めていて、孤独な環境や逃亡生活を送っていたりしますが
当サイトではそうではなく目覚めるのはコミック内で語られることとになります。
実はこれ、「超能力」を定義するためにも必要な設定なのです(超能力事典参照)

前者の設定は確かにドラマティックなのですが、生きていくうえでどうしても直面する問題が多いんですよね。
食料や金銭関係、親族関係がそうです。そのような設定が多かったせいもあり
どうしても無理が生じるストーリーが多く見られたように思います。
時期を遅らせることによって、サイキッカーとして目覚めたことによる環境の変化や気持ちの落差を明確にすることもできます。
私はキャラクターたちにしっかりした舞台で自由に生きてほしいと願っているので
できるだけ実際でもありうるようなリアルさや人間らしさを追求した設定にしています。

当サイトでは無理のないストーリの上で、あまり描かれることのなかった
彼の人間くさい性格や感情部分を多く表現していこうと思っています。
私たちと生きる舞台が違うだけで、彼を含めすべてのキャラクターも生きているのだから。
人形ではない、血の通った人間の感情を描けたらいいなと思っています!

幼いころはアメリカで仕事をする両親と離れて、イギリスで祖父母と暮らす穏やかな生活をしています。
両親には複雑な思いを抱いていて、いつかは両親のように…追いつき追い抜くくらいになりたいと願っています。
憧れでありライバルでもある、といったところでしょうか。
その思いゆえに、バーンと出会うことになるのですが…。

イラストはバーンと同じく「サイキックフォース3POWERS」用のデザイン。
デザインのバランスから、体の大きいバーンとの対比のせいもありますが
彼はNOA総帥を経験するころから細身を隠すため、また、貫禄をだすために体を大きく見せる服装を好むようになります。
今回もそういうデザインにしてみました。とはいえ、当サイトの設定では上記の身体情報よりかなりがっしりしていて
最終的には身長185cm前後、体重は75kgあたりまであがる予定です(脂肪ではなく筋肉による体重増加です)
下は普通のタートルの服。普段はコートは脱いでいて出かけるときに着用することが多いようです。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
≫バーン ≫キース ≫エミリオ ≫ウェンディー ≫ソニア ≫ウォン ≫ブラド ≫玄真
≫ゲイツ ≫マイト ≫パティ ≫玄信 ≫カルロ ≫レジーナ ≫ガデス ≫刹那


≫その他


≫コンテンツメニュー